子どもの安心・安全

子どもの居場所


子ども食堂など子どもの居場所を始めてみようという方に

 

「子どもの居場所アドバイザーを登録しています。」

(子どもの居場所アドバイザー事業)
 県では、子ども食堂や学習の場の提供など、子どもの居場所を設け、概ね2年以上継続して活動実績のある団体に「子どもの居場所アドバイザー」になっていただいています。

 「子どもの居場所アドバイザー」になっていただいた団体には、これから新たに子どもの居場所づくりに取り組もうとする方に、子どもの居場所の運営を継続していくためのノウハウや課題について、実践に基づくアドバイスをしていただいています。
 
 現在、10の団体に「子どもの居場所アドバイザー」になっていただいています。それぞれの団体の活動の実施場所、事業内容などについては、一覧を参考にしてください。(なお、子どもの居場所アドバイザー事業の対象地域は、県内の岡山市以外の地域での活動を対象としています。)
 活動内容を聞いてみたいという方は、あらかじめ各団体にご連絡をお願いします。
 

「子どもの居場所の立ち上げ経費を支援します。」

(子どもの居場所づくり促進事業)
 県内各地に子どもの居場所の整備促進を図るため、居場所の立ち上げに必要なテーブル、イスなどの家具の購入や炊飯器などの機器の購入等にかかる費用を対象に、居場所1箇所あたり30万円まで補助します。

 この補助は、まだ子どもの居場所がない1小学校区に、新たに開設する居場所1箇所を対象としています。

 なお、補助の実施には市町村の予算措置が必要となりますので、まずは、岡山県子ども家庭課までお尋ねください。
(子どもの居場所づくり促進事業の対象地域は、県内の岡山市以外の地域での活動を対象としています。岡山市内での居場所の立ち上げのご相談については、岡山市にお尋ねください。)



<岡山県ホームページ>

https://www.pref.okayama.jp/page/645307.html